リッドキララ 使い方
リッドキララの効果的な使い方についてまとめてみました!

まぶた専用美容液のリッドキララを使うことで、年齢とともにたるんできたまぶたを引き締めて、明るい目元を取り戻すことができます。

使い方も簡単だと口コミでも評判になっており、効果に満足していると高評価がたくさんつけられていることもあり、これは期待できそうですよね。

基本的な使い方はもちろん、効果的な使い方も知っておくことで、よりリッドキララの効果を実感することができます。

どうすればより効果を実感することができるのか、基本の使い方と効果的な使い方についてご説明します。

リッドキララの基本の使い方

1、 洗顔をしてから、化粧水、乳液、美容液などのスキンケアを完了させます。

2、 リッドキララを1プッシュ手の甲にのせ、半分のジェルを片方の上まぶたに4点のせます。

この時に目の際ギリギリに塗ってしまうと目の中に入ってしまう恐れがあるので注意しましょう。

3、 目頭からこめかみ、目尻からこめかみと優しくジェルを伸ばしていきます。

4、 浸透させるように指でトントンと優しくなじませたら完了です。

これを毎日朝晩行うと効果を実感することができます。

リッドキララの基本の使い方をマスターしたら、次は効果的な使い方を意識して実践してみましょう。

どうすればよりリッドキララの効果を実感できるようになるのでしょうか?

実感力アップ!効果的な使い方のポイントとは?

・基本のスキンケアを丁寧に行う

肌がきちんと保湿された状態からリッドキララを使うことで、より成分効果を高めることができます。

逆にいえば、基本のスキンケアを雑に終わらせていると、リッドキララの本来の効果を実感しにくくなります。

スキンケアを丁寧に行ってから、リッドキララを塗るように心がけましょう。

・まぶたを引き上げて優しく押さえると浸透力アップ!

基本の使い方の3番の工程が終わったら、片方の手でまぶたを引き上げ、もう片方の手で5~10秒押さえると角質層までしっかり成分が浸透し、より効果を実感しやすくなります。

この時にあまり強く押さえてしまうと、目元を痛めてしまうこともあるので、優しく押さえるようにしてくださいね。

どれくらいで効果が実感できるの?

基本の使い方から効果的な使い方まで行うとどれくらいで効果を実感できるのでしょか?

もちろん元々の肌質や本当に正しくリッドキララを使えているかによって効果が出るのに個人差はあります。

しかし、大体平均して1~2ヶ月の間には目元のハリを実感することができ、3ヶ月にはまぶたのたるみが引き締めることができるでしょう。

リッドキララの効果を感じないと悪い口コミを投稿している人もいますが、そのほとんどの方は使用期間が短い、間違った使い方を続けています。

肌に負担をかけることなく、少しずつまぶたを引き締めていくので、ある程度の期間は必要です。

また、間違った使い方を続けていれば、どんな化粧品でも効果を実感することはできませんよね。

リッドキララの効果を十分に発揮させるためにも、効果を感じないのであれば、一度使い方を見直してみてみましょう。

もし使い方が本当にあっているのか不安なのであれば、リッドキララの公式サイトから連絡することができる専門のスキンアドバイザーに相談することも可能です。

WEBからの相談は24時間受け付けており、アドバイザー対応時間内であれば、電話で対応していただくこともできるので、使い方に困ったら相談してくださいね。

リッドキララの基本の使い方と効果的な使い方をマスターすれば、必ずまぶたがきゅっと引き締まった明るい目元に変わることができます。

まぶたの悩みをなかったことにするためにも、チャレンジしてみてくださいね。